何やら去年あたりから出てきたバーチャルYoutuberが盛り上がりを見せています。

バーチャルYoutuberとは、まあYoutube上に自分の出た動画を投稿するYoutuberではあるんですけど、最大の特徴はその見た目です。

モデリングされた3Dキャラが動いて喋るVRアバターを用いたYoutuberなのです。

まあ何というか、世界初のバーチャルYoutuberを名乗るキズナアイからして何か非常にトガったキャラでありその後続たちもそれぞれに過剰に個性的なのばかりです。

個人的にはこの動きは、ボカロボイロが登場してその次に来た流れではないかと思っています。

生の人間とバーチャル存在の間にあるニッチな空隙を埋めるように登場したという感じです。

まあ新しいものはしばしばニッチな空間から生まれるものですしね。

関連記事:

  1. 初めての韓国旅行で
  2. 韓国での食事の印象
  3. 無料でコンビニの商品をゲット☆
  4. 自分の子供だけをかばうのはプラスにはならない
  5. 英単語と政経用語を同時に覚える勉強法