親鮭から筋子を取り出し孵化事業をしている公営の生けすから、鮭が約200匹余り盗難にあい筋子だけを取り出し身は捨ててあったとのニュースが流れていました。今まで聞いたことが無かったので驚きました。

この背景には筋子の値段が例年よりかなり高いためらしいです。確かに今年の生筋子の値段はとても高く、自家製のイクラを醤油付けにしたのはお正月用だけです。

今年の沿岸での秋鮭の定置網漁は過去30年間で最低の水揚げだそうです。やはり夏場に台風が相次いでやって来た弊害があるのでしょうネ。定置網に携わっている親戚の漁師が話していました。

台風がやって来ると波やうねりで定置網が破損しやすく、もし破損すると大きな損害になるので漁を休んだその影響もあるが、流木が多く除去や網の再設置に時間がかかったそうです。

鮭は生まれてから4~5年で戻って来ますが4年前に放流した稚魚は平成に入って最も少ないらしいです。これが最も大きな原因かも知れません。また4年後が心配ですね。

関連記事:

  1. 韓国観光おすすめ料理色々
  2. 初めての韓国旅行で
  3. 義母に影響され韓国好きに!
  4. 国内より近い国韓国
  5. 初めて眼鏡をかけた時のこと