夏をまじかに控え風邪をこじらせてしまいました。まさかこの季節に風邪をひくとは不覚です。しかも市販の風邪薬を飲んでも全く効かず咳き込むことが頻繁になってきたのです。会社に行き仕事には支障はありませんが、咳き込む姿は周囲から見て気持ちの良いものではありません。みんなが移されたくないというオーラを出しています。

なんと情けないことか。次の日も朝から怠く咳がひどいため病院に行く決心をしました。熱は全くないためインフルインザではないとは思っていましたが念のため検査を依頼したのです。鼻に綿棒のようなものを突っ込み検査するのです。

普段から風邪をひかない私にとっては数十年ぶりの検査です。予想どおりインフルエンザではないとの結果がでて一安心でした。しかし咳の酷さは少し深刻でした。気管支喘息になってしまっているため下手をすると肺炎になってしまうとのことでしばらく会社を休むように言われてしまったのでした。次の日から三日間会社を休み久々の休暇を取ったのでした。

関連記事:

  1. 休日に兄弟の片方だけ風邪をひいているとき
  2. 低血圧
  3. 初めての韓国旅行で
  4. 韓国での食事の印象
  5. 自分の子供だけをかばうのはプラスにはならない