最近ナンプレにはまり、ナンプレの雑誌を書店へ買いに行きました。

一口にナンプレと言っても、いろんな種類があり、どれにしようか随分と悩みました。

サイズも色々あり、どれが一番解きやすいかを考えながら選びました。

そして、20分かけて選んだ雑誌をレジへ持って行き、店員さんに手渡した瞬間、

表紙に小さく書かれた「超難問」という文字が目に留まったんです。

私は初心者なので、超難問は無理と思いましたが、どうすることもできませんでした。

家に帰って、早速取り掛かってみると、易しいレベルの問題よりも早くに解くことができ、

とても驚きました。

間違って超難問を手に取ってしまいましたが、意外とよかったかなと思ってます。

怪我の功名だと感じた出来事でした。

関連記事:

  1. 初めての韓国旅行で
  2. 韓国での食事の印象
  3. 自分の子供だけをかばうのはプラスにはならない
  4. バーチャルYoutuber
  5. サイレンが鳴りびっくりして飛び起きました。