家(室内)でできる有酸素運動と筋トレでダイエット効果が期待できます。カロリーを抑える食事制限によるダイエットは、即効性はあるものの長続きしません。むしろ、体調を崩したりリバウンドしたりと、失敗が多い方法と言えます。健康的に、かつ、持続性のあるダイエットを行なうなら、やはり運動に勝るものはありません。

とは言え、ジムに行く時間がなかったり、遅く帰宅すると暗くなった外を走ったりするのは難しい場合もありますよね。では、家(室内)でできる運動があるとしたらどうでしょうか。これなら、通う手間や夜間の心配も考えることなく、運動をすることができます。有酸素運動の最たるものとして認知されているのが「ジョギング」です。

日本におけるジョギング人口は、2012年に1,000万人を突破したと言われており、単なるブームではなく健康や美容、そしてスポーツの一つとして完全に定着した感じがあります。また、ジョギングの他にも有酸素運動は数多くあり、水泳やエアロビクス、サイクリング、ウォーキングなどもそうです。

一般的に、有酸素運動は「負荷が軽く、動きが早急ではなく、持続性のある運動」を指し、大元として「酸素を多く取り入れ、その取り入れた酸素で体内の脂肪を燃焼させるもの」を言っています。酸素を有すると書く有酸素運動に対し、酸素を有しない(無)と書く無酸素運動があります。この違いを説明するときに「呼吸を止めて行なうのが無酸素運動で、呼吸をしながら行なうのは有酸素運動」としている方がいますが、これは違います。

有酸素運動とは、酸素をエネルギー源として脂肪を燃焼させる運動で、一方の無酸素運動は筋肉に蓄積してある糖質を燃焼させる運動です。つまり無酸素運動は、酸素を必要としない運動ではなく、無酸素運動時であっても当然のことながら酸素は必要ですし、一定量の酸素は使われています。

さらに実は、多くのスポーツは有酸素と無酸素の両方の要素を持ち合わせていると言われており、運動の種類によって分けるよりもやり方で分けるべきという意見もあります。たとえば、水泳はゆったりと泳げば有酸素運動ですが、ハードに泳ぐと無酸素運動になります。このようなことから、酸素を取り入れ、そのエネルギー変換で脂肪を燃焼させるものを有酸素運動、主に筋肉の糖をエネルギーに換える運動を無酸素運動と覚えておくのがよいでしょう。

私たちの身体は、運動を行なうとまず始めに、血液中の糖をエネルギーとして使います。そして次に、筋肉に蓄積してある糖分(グリコーゲン)燃焼させてエネルギーにします。つまり、ダイエットで真っ先に落としたい脂肪は順番では3番目となっており、これが脂肪はなかなか燃えないと言われている所以となっています。しかしながら、脂肪は酸素をエネルギーとして燃えることから、有酸素運動によって脂肪の燃える効率は上がっていきます。

また、有酸素運動を行なうと筋肉よりも先に体脂肪を燃やすという研究データもあり、有酸素運動は「脂肪を減らしたい」という方には大変有効なダイエット方法と言えるのです。有酸素運動を行なうときは時間も大切ですが、その他に「汗」の具合もバロメーターの一つとなります。大量に汗をかくほど運動を行なってしまうと、体温が上がりすぎてしまい脂肪分解酵素であるリパーゼの働きが鈍くなってしまいます。

同様に、厚着をしたり気温の高すぎる場所での運動も好ましくありません。有酸素運動は、うっすらとした汗をかき、「気持ちいい」と思える状態を長く継続することがポイントです。また、運動で汗をかくとお風呂やシャワーに入りたくなりますが、運動後すぐに入浴するとやはり体温が上がるためリパーゼの働きが止まってしまいます。脂肪をしっかりと燃やすためにも、少しだけ時間を置いて入るようにしましょう。ジムや外に行かないと有酸素運動や筋トレはできないと思っていた方も、今回ご紹介した方法なら自宅で簡単に挑戦してみることができるのではないでしょうか。

関連記事:

  1. 初めての韓国旅行で
  2. 相手が言うことを聞かないときは言う方に問題がないか考えてみる
  3. 韓国での食事の印象
  4. 無料でコンビニの商品をゲット☆
  5. 休日の雨の日の過ごし方