これは実際に犬を散歩させて起きた話である。

そもそも犬も歩けば棒にあたるというのは基本的には何かのイベントに出くわすことです。

昔は良い意味と悪い意味の両方で使われていましたが、今は良い意味でしか使われなくなりました。

散歩していると本当に『棒』に出くわしました。

拾ってみると、なんと「あたり」と書かれていました。

おそらくアイスの棒の当たりなのは間違いないが、どのメーカーのアイスなのか分かりませんでした。

運がよかったのかそうでなかったのかわからない天からの恵でした。

後日たまたまスーパーでアイスを買ったら、当たりが出ました。

なんとなく見覚えがあったのでこの前にアイスの棒と比べてみました。

その結果、全く同じものだったのです。

これで本当に「得した」気分になりました。

関連記事:

  1. 初めての韓国旅行で
  2. 相手が言うことを聞かないときは言う方に問題がないか考えてみる
  3. 韓国での食事の印象
  4. 珈琲を焙煎してみる
  5. 無料でコンビニの商品をゲット☆