マージャンというゲーム程ゲームや遊びの領域を超えて戦う、命ギリギリまで苦しみになって戦う勝負はないですよね。大抵日本人を含めた戦いで好まれたり、海外の合法化されたカジノなどの賭博場へ行ってまでやるゲームって1対1であることが多いんですよね。

ブラック・ジャックだったり、バカラであったり、スロットもそうですしクラップスもその例外ではありません。しかし、マージャンは4人で戦います。1対1の状況ではなく4人の思惑が交錯するんですよね。

だから、「こいつから放銃させたい」とか、「1000点上がればトップなんだからとにかく役牌が欲しい」などというせめぎ合いがそこにはあります。そしてその思惑のために同じ卓で戦っていながら、夷は夷をもって制す事もあります。

苦しい時とかに思い出すようにしてます。

関連記事:

  1. ゲームの福袋を買いました。
  2. 初めての韓国旅行で
  3. 韓国での食事の印象
  4. 無料でコンビニの商品をゲット☆
  5. 自分の子供だけをかばうのはプラスにはならない