最近、バレットジャーナルと言うものを発見しました。

手帳術の一種で、バレットと呼ばれる記号を決めて、タスクもスケジュールも何もかもを箇条書きにして、

たった一冊のノートで管理出来てしまうという、とてもシンプルな管理法なのです。

私ももともとメモ魔でして、色々と手帳に書きこんで入るのですが、

どうしてもごちゃっとしてしまって、読み返すにはちょっと不便な具合だったのです。

ですが、バレットジャーナルを導入すると、これまでの手帳が嘘のようにすっきりしました。

箇条書きにしてまとめるって言うのが、私に合っていたようです。

先人たちのバレットジャーナルでは、ちょっと厚めの方眼ノートや手帳を使っていますが、

私にはページの差し替えが可能なルーズリーフの方がいいみたいです。

もしまだ試していなくて、興味があれば一度検索してみると幸せになれますよ。

関連記事:

  1. 初めての韓国旅行で
  2. 韓国での食事の印象
  3. 自分の子供だけをかばうのはプラスにはならない
  4. バーチャルYoutuber
  5. サイレンが鳴りびっくりして飛び起きました。