去年、初めて子供たちを海外旅行に連れて行きました。行き先はお隣の国韓国のソウルです。

独身時代に私は今の主人と行ったり、女友達と行ったりしていましたので、久しぶりの大好きなソウル、あれしてこれして・・・としたいことがたくさんありました。

ですが、子供連れなので、そうも行きません。

東大門のナイトマーケットには、どう考えても行けそうにありません。これは諦めました。

辛いもの。ソウルの醍醐味ではないですか!これも子供たち無理です。

しかもロッテワールドで1日つぶすのは、私がイヤ!だってたった2泊3日の旅なんですもん。

で、私たちが観光先として選んだのは

南大門市場

鷺梁津水産市場

1日目

南大門の露天には子供服がたくさん!子供たちのパジャマやTシャツ、サンダル。私は眼鏡を作りましたよ。路地には出店がたくさん立ち並び、まるで迷路のよう。迷いながら散策しました。

夕食は、タッハンマリ。鶏一匹丸ごとお鍋に入っています。にんにくたっぷりのスープでいただきます。一見あっさりしたスープは、こってりで滋味たっぷり。一日目の疲れをとってくれるようでした。ホテルの近所のコンビニでおやつを物色。しっとりクッキーで美味しいものを発見してしまいました!

2日目

朝食はソルロンタン。子供たちに大うけで3日目も食べに行くことになるんです、これが。

鷺梁津水産市場は、たいへん大きな規模の水産市場。グロテスクな大きな魚やひらめ、貝類が多かったです。ここでお買い物をして、上階の食堂でお刺身や鍋に調理をしてもらいます。ひらめをお刺身にしてもらったんですが、身が締まっていて美味しいこと!しかも1匹丸ごとなのでたっぷりいただけます。4人で取り合いですね。夕食は焼肉。白ネギサラダが美味しく食べきるたびにおかわりが出てきます。これはサービスだったんですね。久しぶりの骨付きカルビ。ダイナミックに切り分けていただき全員おなかいっぱいになりましたよ。

夏のソウル。実は私初めてだったのですが、どのお店もキムチが酸っぱかったのが少し残念でした。

仁寺洞、アックジョンドン、梨大、馬場洞の畜産市場など、久しぶりの韓国、行きたいスポットは山ほど。女友人と行くのがベストだな、という結論に達しましたが、子供たちにとりましては、初めての入国・出国審査、飛行機の荷物が回ってくるベルト、日本語の通じない空気、香り、字幕や吹き替えのない韓国ドラマ、日本とは違う交通事情、・・・・新しいことだらけで、よい刺激になったようです。

次回は、ロッテワールドにでも連れていけるよう3泊ぐらいしたいです。

関連記事:

  1. 韓国観光おすすめ料理色々
  2. 4度目のソウルへの旅行を計画中です。
  3. 機内から見た快晴の富士山
  4. 眠らない街、明洞で遊ぶ♪
  5. 目的を持って行きたい韓国旅行