「家電好き」の私が休日に唯一楽しみにしていることは、家電売り場に行き製品を手に取って見ることです。

妻は怒りますが、ディズニーランドへ行くよりも楽しいことです。

4台がまだ使えるのに、私がずっと欲しかった新製品は、5台目のタブレットです。 新しい機種が販売されると欲しくなり、妻の冷たい視線に耐え、まじめに働いた対価でついに手に入れました。

期待に胸を膨らませながら自宅に帰り、慎重に梱包を解き「そっ」と箱を開けた瞬間、新品ならではの香りが「プーン」と鼻先に漂いました。

「すぐスイッチを入れたい」というはやる心を抑えながら、箱の中から取扱説明書を取り出しました。

分厚く時間がかかりそうな取扱説明書を「ゆっくり読もう」とコーヒーを淹れ読み始めました。

電源を入れるのはいつになるのかわかりませんが、コーヒーを飲みながら取扱説明書をゆっくり読んでいる時間は、私にとって何にも変え難い至福の時間です。

やっと手に入れたタブレットだからこそ、大切に丁寧に取り扱います。

関連記事:

  1. 初めての韓国旅行で
  2. 韓国での食事の印象
  3. 無料でコンビニの商品をゲット☆
  4. 自分の子供だけをかばうのはプラスにはならない
  5. 英単語と政経用語を同時に覚える勉強法