マイレージサービスはご存知でいらっしゃることでしょう。

航空各社がこのマイレージサービスをしていますが、一般的には飛行機に乗って

その移動した距離(マイル)がマイル(ポイント)として貯まる仕組みになっています。

この仕組では頻繁に飛行機に乗る方、例えば海外出張の多い方や年に数回海外旅行をする方にしかマイルが貯まらないことになります。

 

近年、航空各社は自社のユーザーの囲い込みとして、このマイレージサービスをより多くのユーザーに利用してもらうがために、様々な業種の企業とのパートナー提携をしています。

実はこの提携パートナーがあることによって、飛行機に乗らずして、マイルを貯めることが出来るのです。

陸マイラーです。例えば下記にあげたことって日常茶飯事ではないでしょうか。

  • コンビニでお弁当やお菓子、たばこなどの買い物 自販機での飲料水
  • 友人との外食やカラオケ、ショッピング
  • ケータイやネット利用料などの通信費
  • 各種保険の利用
  • ドラックストアでの日用品や美容・コスメ関連の生活必需品
  • マイカーのガソリン代や維持費、
  • 新品/中古の本・CD・DVD購入やレンタル
  • ネットショッピングでの買い物

上記はごく一例ですが、こういったことでマイルが貯まるのです。

国内ではANAとJALでマイレージサービスをしていますが、ここでは圧倒的に提携パートナーの多いANAをお勧めします。提携パートナーが多くなければ陸マイラーが出来ませんので。

またANAは提携航空会社で韓国のアシアナ航空も加盟しているのでそれもマイルの対象になります。

そして、ANAにはANA JCBカードとANA VISA/MASTERカードが代表的です。

二社とも年会費は同じ2,100円ですが、ポイント移行手数料がJCBが2,100円に対して

VISA/MASTERは6,300円と高いのでここではANA JCBカードをお勧めします。

今なら初年度年会費無料+最大5,000マイルプレゼントキャンペーン中です↓

 

そして、マイルをもっと賢く効率的に貯めることを本気で考えていらっしゃる方でしたら、こちらのノウハウをお勧めします。

実際に私もこのノウハウで、マイルの二重取りや三重取りに更には四重取りの存在を知りませんでした↓

●iSky Ambassador(アイスカイ アンバサダー) 【賢くマイルを貯めるノウハウ】